« 十月桜 | トップページ | 警視庁本部と交通管制センター見学 »

2015年11月 7日 (土)

ペルー周遊の旅~番外編④ メキシコでのトランジット

ペルー周遊の旅~番外編④ メキシコでのトランジット
 
そうです、ペルーの話題はまだ終わっていないのです。わーい(嬉しい顔) 
 
多くの場合、飛行機を第三国で乗り継いで(Transit)最終目的地に行く場合、受託手荷物は最終目的地までスルーで運んでくれます。
しかし、乗継地がアメリカやメキシコの場合は、乗継空港で受託手荷物を預け直さないといけないのです。 
 
さて、我々はペルーに行くのにメキシコ・シティ空港で乗継しましたが、預け直す前に税関検査があります。この税関検査が変っています。
 
荷物をX線検査装置に通した後に、税関申告書を税関係員に提出しますが、机の上にあるボタンを押せと言われます。ボタンを押して緑色の○ランプが灯けばそのまま通過できますが、赤色の×ランプが灯けば荷物を開けて中身を調べられます。
 
が灯くかが灯くかは運次第らしく、係員が操作している兆候はありませんでした。これで税関の役割を果たすのだろうか甚だ疑問ですが、これもお国柄というやつなのでしょうかね。まあ、係員から荷物を開けろと言われるとムッとしますが、籤なら諦めがつきます(笑)。
 
ちなみにツアー20人中、往復で計4名がひっかかりました。確率は1/10くらいと聞いていたので、これは本当らしいですね。実は帰国時に妻が引っ掛かり、中味を全部開けられて検査されてしまいました(>_<)
 

Dscf2943

※写真はメキシコ・シティ空港の搭乗ゲート。税関の写真はありません。
紫色のおそろいのシャツを着ているのはエクアドルのナショナル・チーム(何の団体かは分らず)。
 
空港内の税関検査場、荷物受取場、入出国審査場は撮影禁止の場合が多いのでご注意ください。


乗継と言えども、入国審査を受けてメキシコ合衆国に入国します。パスポートに入国印が押されますが、出国時はペルーへの搭乗ゲートで出国カードを渡すだけで出国印は押されません。

« 十月桜 | トップページ | 警視庁本部と交通管制センター見学 »

海外旅行」カテゴリの記事

ペルー旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペルー周遊の旅~番外編④ メキシコでのトランジット:

« 十月桜 | トップページ | 警視庁本部と交通管制センター見学 »

フォト
無料ブログはココログ