« 2015年秋 奈良・大和路~第1日 | トップページ | ドレスデン聖十字架教会合唱団 with 森麻季 »

2015年11月30日 (月)

小山実稚恵のゴルトベルク変奏曲

12年間・24回リサイタルシリーズ 小山実稚恵「ピアノで綴るロマンの旅」
第20回~究極のアリア~


イメージ<>:
孤高の存在・特別なもの

日時:2015年11月28日(土)  開演 15:00 終演 16:57
会場:Bunkamura オーチャードホール
曲目:
①シューマン/花の曲 Op.19
   ~ 休憩 ~
②J.S.バッハ/ゴルトベルク変奏曲(アリアと30の変奏曲)
※アンコール
  シューマン/アラベスク ハ長調 Op.18
 
 
オーチャードホールもクリスマスの飾りが。

Dsc_0486225316569

いつものように、今回のテーマ色の「金」を主体にした花が飾られていました。

Dsc_0487

「ピアノで綴るロマンの旅」はちょうど10年目の第20回、小山さんのデビュー30周年ときりがいい演奏会。ゴルトベルク変奏曲も30の変奏、それにバッハ生誕330年。

小山さんには珍しく開演前にトークがあり、今曰演奏するゴルトベルク変奏曲への思い入れを話してくれました。開演前のトークはこれが最初で最後と言っていたが、さて最終回はどうするのかな?

ゴルトベルク変奏曲は最初のアリアに続いて30の変奏があり、最後に最初のアリアに戻るという構成。小山さんはそれを旅に例えていました。最初と最後のアリアは譜面上は全く同じですが、30の変奏を弾いた後は何かしら演奏に違いが出てくるとか。その違いを聴くのが聴きどころ。

この曲はCDでは新旧のグールドをよく聴いていましたが、生で聴くのは初めてでした。

小山さんの演奏は弾き慣れているという印象をもちました。すっかり自分のものにしています。

小山さんの24回リサイタルを聴き始めたのは第15回から。
途中乗車が残念ですが、最後まで聴きますよ!

« 2015年秋 奈良・大和路~第1日 | トップページ | ドレスデン聖十字架教会合唱団 with 森麻季 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/62779480

この記事へのトラックバック一覧です: 小山実稚恵のゴルトベルク変奏曲:

« 2015年秋 奈良・大和路~第1日 | トップページ | ドレスデン聖十字架教会合唱団 with 森麻季 »

フォト
無料ブログはココログ