« 前橋汀子:ヴァイオリン・リサイタル | トップページ | 早稲田界隈-時代の万華鏡を歩く~早稲田大学構内 »

2015年12月13日 (日)

NHK交響楽団 第1824回定期公演

NHK交響楽団 第1824回定期公演 Cプログラム2日目
 
日時:2015年12月12日(土) 開演:15:00 終演: 16:55
会場:NHKホール
指揮:シャルル・デュトワ
アルト:ビルギット・レンメルト
女声合唱:東京音楽大学
児童合唱:NHK東京児童合唱団
コンマス:伊藤亮太郎
 
曲目:
マーラー/交響曲第3番 ニ短調
 

Dsc_0502

演奏時間約100分の大曲。
長いマーラーの交響曲の中でも最長演奏時間を誇り?ます。

かつてギネスブックには「史上最も長い交響曲」なる項目があり(残念ながら現在ではこれは消えています)、当初そこにはマーラーの交響曲第3番とイギリスの作曲家ブライアンHavergal Brian(1876-1972)の交響曲第1番「ゴシック」(1919-27作曲)があげられており、どちらも演奏時間約100分となっていたそうです。

演奏会では滅多に演奏されない曲であり、私もCDは持っていますが、全曲を通して連続して真面目に聴いたことはありませんあせあせ 
   
マーラー、ブルックナーという長大交響曲は好きなので全く退屈はしませんでしたが、100分連続して聴くのはさすがに疲れます。

アルトのレンメルトは大柄長身ですが太っていないので見栄えがします。伊藤亮ちゃんが子供のように見えます。

前半の3楽章は鳥のさえずり音などもあり「自然交響曲」さながら。
4楽章にアルト独唱、5楽章に合唱、最終楽章はオーケストラだけという変わった構成になっています。
   
とにかく最近のN響の金管群はよくなりましたねえ。女声合唱陣もさすがでしたが、全体的にはあっさり目の演奏でした。
 
行きは初めての経路、副都心線「明治神宮前駅」7番出口から表参道の裏道を通り五輪橋の南の跨線橋へ。黄葉が綺麗でした。

Edited_1449898557023

« 前橋汀子:ヴァイオリン・リサイタル | トップページ | 早稲田界隈-時代の万華鏡を歩く~早稲田大学構内 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

http://www.nhk.or.jp/e-tele/onegai/detail/61381.html#main_section
Eね、拡散ご協力してもらえるとうれしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/62860830

この記事へのトラックバック一覧です: NHK交響楽団 第1824回定期公演:

« 前橋汀子:ヴァイオリン・リサイタル | トップページ | 早稲田界隈-時代の万華鏡を歩く~早稲田大学構内 »

フォト
無料ブログはココログ