« プラド美術館展とWHITE KITTE | トップページ | 早稲田界隈-時代の万華鏡を歩く~紅葉編 »

2015年12月 4日 (金)

読後感 【京都ぎらい】 井上章一著

読後感 【京都ぎらい】 井上章一著
帯に書かれた副題は「千年の古都のいやらしさ、全部書く」。
 
 
Photo
 
私は興味の対象が京都から奈良にシフトしていますが、刺激的な題名につられて図書館で借りました。
 
簡単にいえば、
井上氏は京都でも右京区の嵯峨で育ったので、京都の中心部(洛中をさす)で生まれ育った人からすれば京都のうちに入らず、したがってバカにされたり差別されたりしてきました。しかし、他の地方の人からは室町も西陣も嵯峨も、山科や宇治でもぜんぶ同じ「京都」ということにされてしまうので、悩みを理解してもらえない、 
というお話。
洛中人の中華思想に対する反感がてんこ盛りに書かれています。
 
この手の話は京都ばかりではなく、東京人がダ埼玉県、と言ったり、三多摩は東京じゃないとか、山手線内じゃないと東京とは言わないとか、他の地方でもいろいろあるでしょうが、京都ではレベルが格段に違うようです。
 
このほかに、京都の僧侶のエグさや、拝観料や古都税の問題。信長はなぜ寺(本能寺)に泊まっていたのか。今の京都があるのは徳川時代の初期に幕府が寺院の改修や新築を積極的に行ったおかげだ。南北朝どちらが正統なのか。銀座は駿府の以前に京都にもあった。明治維新は平和革命ではない・・・など、面白い話題がいくつも盛り込まれてはいます。
 
国旗・国歌、日の丸や君が代に伝統を感じる人間にも訝しさを覚えると言っています。あんなもの東京が首都になってからうかびあがった新出来の象徴にすぎず、伝統もくそもない、と締めくくられています。
 
やはり井上氏も立派な「京都人」!(^^)!

« プラド美術館展とWHITE KITTE | トップページ | 早稲田界隈-時代の万華鏡を歩く~紅葉編 »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読後感 【京都ぎらい】 井上章一著:

« プラド美術館展とWHITE KITTE | トップページ | 早稲田界隈-時代の万華鏡を歩く~紅葉編 »

フォト
無料ブログはココログ