« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月21日 (木)

カラバッジョ展

久しぶりに美術展に行ってきました。 

Dsc_0674
 

日本初公開となる「バッカス」や「女占い師」など、なかなか充実した内容でした。

白眉は、やはり新発見の「法悦のマグダラのマリア」でしょう。

・パンフレットをスキャン

_

 

2014年に発見された「法悦のマグダラのマリア」。不思議なインパクトがあります。
カラバッジョが不慮の死を遂げた時に持っていた3枚の絵の中の1枚が本作とされており、鑑定の結果、真筆と判定されました。世界初公開。

 

これまた久しぶりに常設展も観賞しました。(特別展のチケットで入場できます)

Dsc_0677
 

一部作品を除き撮影可能なのがうれしいですが、撮影可能だとかえって撮影意欲がわかないのだ←へそまがり(笑)

常設展の新規購入絵画のひとつ。エヴァリスト・バスケニス作《楽器のある静物》
マンドリンの埃がリアルですね。

Dsc_0676

 

世界文化遺産登録間近なので、中庭も覗いて建物も観賞してきました。

普段はカーテンが閉まっているので意識しませんでしたが、中庭があるんですね。(庭には入れません)

Dsc_0678
 

Dsc_0679
 

西洋美術館本館は、いたって普通の建物ですが・・・

Dsc_0681
 

Dsc_0682

 

世界遺産委員会は、7月にイスタンブールで開催されます。
フランス推薦枠の「ル・コルビュジエの建築作品(国立西洋美術館本館を含む)」は諮問機関のイコモスからは格段の指摘がないので、3度目の挑戦で世界文化遺産登録の可能性が大きいです。

もし登録されれば、東京都は自然遺産(小笠原諸島)と文化遺産の両方を持つ世界で初めての首都になります。

※国立西洋美術館本館の建物自体に価値があるのではなく、ル・コルビュジエの建築作品群として価値があるので、このあたりを誤解されないように。国立西洋美術館本館だけでは世界文化遺産には成り得ません

2016年4月 9日 (土)

日本三大桜

日本三大桜制覇記念~三大桜一挙公開

 

昨日(4月8日)、岐阜県にある日本三大桜の一つの淡墨桜を見てきました。

これで、日本三大桜を全部見たことになるので、一挙に3本とも紹介します。

 
3本とも大正11(1922)年に国の天然記念物に指定されたので、一般的にはこの3本が「日本三大桜」と呼ばれています。

 

三春滝桜

 

_small

 
福島県田村郡三春町。2008年4月撮影。

樹齢1,000年以上のベニシダレザクラ。花が下に向かって流れ落ちるように咲くことから「滝(たき)桜」。

 

②山高神代桜

 

Dscf9309

 
山梨県北杜市武川町山高の実相寺境内。2010年4月撮影。

樹齢約2,000年のエドヒガンザクラ。神代(かみよ)の時代、ヤマトタケルが東征の際に植えたと言われていることから「神代(じんだい)桜」。現存する桜としてはおそらく日本最古。幹を見ていただければその古さが分ると思います。

 

③根尾谷淡墨桜

 

Dscf8570

  
岐阜県本巣市根尾板所。2016年4月撮影。

樹齢1,500年以上のエドヒガンザクラ。散る時に薄く墨をはいたような色になるので「淡墨(うすずみ)桜」。

 
他の2本と見比べると、散り際なので淡墨色なのがお分かりになると思います。

 

3本とも初回の訪問でほぼ満開の姿を見ることができました。

2016年4月 3日 (日)

東中野駅近くの線路際の桜並木

桜好きの方ならご存知でしょうが、中央線 東中野駅の中野寄りの線路の北側法面に300mにわたって桜並木が続いています。

Dscf8109

Dscf8110

Dscf8125

 
電車と桜並木、絵になりますね。   
 
その桜並木が存続の危機に!
 
---以下ネットより転載
戦後復興の象徴として六十年余り前にJR東中野駅(東京都中野区)近くに植えられた桜並木の枝が線路に落ちて危険だとして、中野区は先月、老木二本を伐採し、今後さらに七本を切る予定だ。近隣住民たちは事前に説明会を開かないまま伐採したことに「街のシンボルを黙って切るなんて」と反発。急きょ保存の会を結成し、苗木を植えるなどして並木を守るよう提案するが、区は難色を示している。 
---転載終り
 
旧町名も「桜山町」。
付近住民の桜に対する思い入れがうかがえる看板です。
(所有者は中野区で管理はJR東日本)
Dscf8106
 
中野区ではちゃんと告知したと言っていますが、知らない住民が多いという事は告知したことになりません。
住民への説明会なしに一方的な通知だけで、歴史ある桜を伐採するとは、まさに血が通っていないお役所仕事の典型だと思います。
何事も丁寧な対話が必要で、倒木による危険性などをちゃんと説明すれば住民も納得するはず。
 
ソメイヨシノの寿命は管理の仕方にもよりますが60年位と言われています。老木伐採は東中野だけの問題ではなく全国的な問題。植え替えるにしても大きくなるには時間がかかり、その間の景観も考えねばなりません。
 
東中野の場合は、鉄道の法面なので、老木伐採後に新しい桜を植える予定はないそうです。
 

PS.
2年ぶりに無事保護された少女が監禁されていたマンションの前を通ってきました。犯人には大きな憤りを感じます。少女の今後が心配です。

2016年4月 2日 (土)

善福寺川緑地公園の桜

一昨日(3/31)ですが、毎年桜を見に行く善福寺川緑地公園へ。

自宅から徒歩30分。散歩道です。

定点撮影場所。五日市街道尾崎橋。

6~7分咲きでしょうか。ちょっと早かった。

Dscf8078

善福寺川に沿って植えられているので見応えがあります。
土手がコンクリなのが残念。

Dscf8097

Dscf8098

有名どころとは違って人が少ないのがよろしい。

Dscf8083

Dscf8084

Dscf8088

川に向かって枝が伸びています

Dscf8092

桜は青空に映えますが、なかなか青空が見られない。

Dscf8096

今日(4/2)、明日(4/3)は天気はイマイチですが、どこも凄い人出でしょうね。

花冷えですので、お花見の人は寒さ対策を。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

フォト
無料ブログはココログ