« 日本三大桜 | トップページ | 奈良、花の寺巡り »

2016年4月21日 (木)

カラバッジョ展

久しぶりに美術展に行ってきました。 

Dsc_0674
 

日本初公開となる「バッカス」や「女占い師」など、なかなか充実した内容でした。

白眉は、やはり新発見の「法悦のマグダラのマリア」でしょう。

・パンフレットをスキャン

_

 

2014年に発見された「法悦のマグダラのマリア」。不思議なインパクトがあります。
カラバッジョが不慮の死を遂げた時に持っていた3枚の絵の中の1枚が本作とされており、鑑定の結果、真筆と判定されました。世界初公開。

 

これまた久しぶりに常設展も観賞しました。(特別展のチケットで入場できます)

Dsc_0677
 

一部作品を除き撮影可能なのがうれしいですが、撮影可能だとかえって撮影意欲がわかないのだ←へそまがり(笑)

常設展の新規購入絵画のひとつ。エヴァリスト・バスケニス作《楽器のある静物》
マンドリンの埃がリアルですね。

Dsc_0676

 

世界文化遺産登録間近なので、中庭も覗いて建物も観賞してきました。

普段はカーテンが閉まっているので意識しませんでしたが、中庭があるんですね。(庭には入れません)

Dsc_0678
 

Dsc_0679
 

西洋美術館本館は、いたって普通の建物ですが・・・

Dsc_0681
 

Dsc_0682

 

世界遺産委員会は、7月にイスタンブールで開催されます。
フランス推薦枠の「ル・コルビュジエの建築作品(国立西洋美術館本館を含む)」は諮問機関のイコモスからは格段の指摘がないので、3度目の挑戦で世界文化遺産登録の可能性が大きいです。

もし登録されれば、東京都は自然遺産(小笠原諸島)と文化遺産の両方を持つ世界で初めての首都になります。

※国立西洋美術館本館の建物自体に価値があるのではなく、ル・コルビュジエの建築作品群として価値があるので、このあたりを誤解されないように。国立西洋美術館本館だけでは世界文化遺産には成り得ません

« 日本三大桜 | トップページ | 奈良、花の寺巡り »

文化・芸術」カテゴリの記事

美術館・写真展めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/63515793

この記事へのトラックバック一覧です: カラバッジョ展:

« 日本三大桜 | トップページ | 奈良、花の寺巡り »

フォト
無料ブログはココログ