« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月23日 (金)

耳福・舌福

2か月以上ぶりの日記です。 down

最近はfbが主体になってしまいました。  

お彼岸の墓参りは、彼岸の入りの19日に行ってきました。
いつもは満開に咲いている曼珠沙華は、まだまだでした。

Dsc_1016
 

英語で Red spider lily と言われるのがよく分ります。

 

秋分の日の昨日(9/22)は、
杉並公会堂開館10周年記念「コバケンのベートーヴェン交響曲チクルス」の第3回。
2番と7番を聴いてきました。

201609
 

2番は久しぶりに聴きましたが、ハイドンやモーツァルト臭が強い1番よりは格段にベートーヴェンっぽい曲で、9番のモチーフもかいま聴こえてきます。見直し・・・聴き直しました。

「のだめ」ですっかり有名になった7番ですが、第2楽章は一回聴いたら忘れられませんね。いつまでも終わってほしくない楽章です。

※サラ・ブライトマンが歌う、Figlio Perduto(失われた息子)。
ベートーヴェンの交響曲7番第2楽章を見事にアレンジしています。女声合唱はお経に聞こえてしまいますが・・・

 
 
 
終演後は、いつも行列が出来ているイタリアン・レストラン La Voglia Matta(ヴォーリア・マッタ)で早めの夕食。
 
Dsc_1025

 
店名の「ヴォーリアマッタ」は、「暴利」をむさぼりすぎて利益が「余った」と思っていましたが、
イタリア語で「渇望」という意味です。
 
若い店員からのお薦めを注文。
権力者や既得利権者の言う事は聞きませんが、若い子からのお薦めは素直に聞くのです。
 
◆前妻・・・前菜は「欲望のサラダ」(店名由来)。
 
Dsc_1019
 

カラフルですが、「草」だけ(>_<)
 
◆ピッツァ フンギボルチーニ アラ ミラネーゼ(ボルチーニ茸のピッツァ ミラノ風)。
 
ヴォーリアマッタ名物の直径40cmの特大ピッツア。薄いのでペロリです。
 
Dsc_1020_

 
店員が切り分けてくれます。
Dsc_1021
 

◆タリオリーニ アラ マローネ(栗のパスタ)。
 
栗が練りこんであるきしめん風パスタ(タリオリーニ)。
サフランクリームソース。栗とイチジクが入っています。濃厚なお味でした。
 
取り分けた後の写真です。
Dsc_1023_

 
◆デザートは、帰宅時に偶然見つけた「イタリア栗のショコラパイ」を自宅で。
 
Dsc_1027
 

ベートーヴェンで耳福、イタリアの秋の味で舌福なお彼岸の午後でした。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »

フォト
無料ブログはココログ