パソコン・インターネット

2016年1月29日 (金)

恐るべしSound Hound

スマホに向かってハミングをすれば曲を教えてくれる、そんなアプリ(Sound Hound) があることは知っていましたが、fbにその記事が出ていたので早々試してみました。

 
まず、Youtubeで曲を聴かせたら、
ジェッディン・デデン、仰げば尊し、六甲おろし、ナチスドイツ国歌、タイ・ポッポスのブッサバーなど、ほぼ99%正解が出ました!
怪傑ハリマオや千代田区歌は登録されていないようで認識されませんでした(-_-;)。

 

昨夜の演奏会で聴いた、ロッシーニの「チェロとコントラバスのための二重奏曲」という、超マイナーな曲もすぐに当ててしまいました。恐るべしです。ただ、ギターのトレモロとか合唱曲、こぶしだらけの演歌などは苦手なようです。「男はつらいよ」は途中のセリフ部分だけを聞かせましたが即時に回答したのには笑ってしまいました。

 

次に鼻歌、口笛でやってみましたが、これは当たり外れが結構あるようです。すでに花粉症の症状が出ているので、鼻詰まり気味だったせいでしょうか^^;
歌詞を表示したり楽曲が聴けたりと、いろんな機能もあるようなので試してみる価値はあります。

 

TVから流れてくる音楽の曲名を調べるのは良いですが、演奏会場でアンコールの曲名が分からないからといって、スマホを出して試してはいけませんよ。

 
監視カメラの映像もそうですが、ビッグデータというものは使えば便利ですが、使い方次第では何んにでも使えてしまうようで空恐ろしくもあります。

2015年3月29日 (日)

面白サイト~鉄道Now

以前、「全世界の航空機の現在飛行位置を表示するサイト」を紹介しましたが、

「日本全国の鉄道(地下鉄も)の走行地点をGoogle Map上に表示するサイト」もあります。

計画時刻がもとなのでリアルな位置ではありませんが、時々刻々電車の位置が変わるので楽しめます。電車の種類毎にアイコンも異なっています。特定電車を追尾することもできます。
 
Now
 
写真は東京駅周辺のスナップショットですが、最小縮尺がこの程度なので、全体を俯瞰することができないのは残念。
 
もっと欲を言えば列車名(列車番号)も表示してくれれば最高なのですが。

2013年7月26日 (金)

自宅で富士登山

Gogoleが世界文化遺産に登録された富士山のストリートビューを公開しました。

 
撮影には約20kgのバックパック型の機材「
トレッカー」を使用。3日間をかけて富士吉田ルートの一合目から山頂までを撮影したといいます。よくやります(笑)

 
これは紹介ビデオ。



2013年3月 7日 (木)

ライブ船舶マップ

一ヶ月ほど前に、FrightRadar24(フライトレーダー24)という世界中を飛行している航空機の位置を表示しているサイトを紹介しましたが、こんどは船舶の位置を表示しているサイトを紹介します。

洋上を航行してる無数の船の位置情報や行き先などを地図上に表示して見られるウェブサービスが「ライブ船舶マップ」です。
 

・初期画面

海域ブロック毎に船舶の数が表示されています。


Photo
 
 

このサービスは300トン以上の国際航海をする船舶などに搭載が義務づけられている AIS(自動船舶識別装置/Automatic Identification System)から送られてくる船名や位置、針路などの情報をGoogleマップ上に表示するもので、世界のあらゆる場所をどんな船が行き交っているのかを見ることが可能となっています。
 

・調べたい地域をクリックして拡大すると、そのエリアを航行しているAISから情報を送信中の船の位置がわかります。

(パナマ運河周辺)
 
_


航空機と同じように船舶の画像や情報も調べられます。
いろいろなことが出来そうなので遊べそうです。
 
船舶名での検索も出来ますが、自衛艦などは直前の位置情報は表示されないようです・・・
 
試しに尖閣列島周辺を表示しましたが、中国監視船や海上保安庁らしき船は見れませんねえ。そもそもこのあたりはブロック表示もされないので、対象外の海域かもしれません。残念。
 
__2

2013年2月 6日 (水)

面白いもの見っけ! FrightRadar24

今日(2013年2月6日)の東京の雪は肩透かしでしたが、肩透かしされないサイトを発見。
 
 
全世界(地域は限定されている)の航空機のリアルタイムの位置を表示しているサイトです。
 
時々刻々航空機の位置が変わります。

 
・これは中央ヨーロッパ。

Flightradar24

 
 黄色の飛行機マークが現在飛行している航空機の位置。
 よく見ると機種によって飛行機のマークが異なっています。
 航空機にマウスを乗せると便名(航空会社名+便番号)がポップアップします。
 
 特定の航空機を左クリックすると、左側に航空機のフライト情報が表示され、フライトした航路も表示されます。
 イギリス海峡をロンドン方面に飛行しているBAW244便(ブリティッシュ・エア)はブエノスアイレス発ロンドン行きで、高度7986mを速度693Kmで飛行中というのが分かります。
 
 
・東京周辺
 
 SKY(スカイマーク)107便はもうすぐ富士山上空です。
 
Flightradar24_sky107

 
・指定した飛行機のコックピットからの眺め(もちろん実像ではありませんが)も見れます。
 
Flightradar24_cockpitview
 
 
こちらのサイトでは使い方を紹介しています。
 
結構な数の飛行機が飛んでいるんですね。
暇な時は眺めているだけでも楽しいです。


便名での検索が出来るので、大切な人が搭乗している飛行機が今どこを飛んでいるのかを探すのも楽しいでしょう。
 
スマホ用のアプリ(無料と有料)もありますので、お試しください。
 
上空に飛行機雲を発見した時に、どこに向かう飛行機なのかが分かりますよ。

2012年1月10日 (火)

クワティーとの長い付き合い

おまじないのようなタイトルですが、パソコンを使っている皆様はすぐわかったでしょう。
キーボードのアルファベット配列の上段左側からの文字配列です。
QWERTY="クワティー"と読むそうです。

今のQwerty配列はもともとタイプライタが作られた時(1873年)に採用された配列が元になっている、ということは皆さんご存知でしょう。
私は高校の頃からタイプライターを(時々)使っていましたので、QWERTYとの付き合いはもう45年以上になります。長い付き合いです。これからも付き合うでしょう。

なぜQWERTY?

なぜ今のQwerty配列になったかという理由に関しては、諸説入り乱れています。
一番よく耳にするのが「タイプライターのタイプバー(印字棒)がジャムる(絡まる)のでわざと打ちにくい配列にした」という説と、「セールスマンが "TYPE WRITER" という文字を打ちやすくするため」という説です。
確かに一番上の列だけで "TYPE WRITER" と打てます。お試しください。

1890年代に入ると、タイピストの養成学校でQwerty配列のタイプライタが使われた為、Qwerty配列は市場を席巻してしまい、デファクトスタンダードとしての地位を確立しました。


不合理なQwerty配列に対抗して、1936 年にワシントン大学のドヴォラック(August Dvorak)博士が、アルファベットの出現頻度に基づき打鍵効率の向上を徹底的に追求したDSK(Dvorak Simplified Keyboard)を開発し特許を取得しました。 読みは英語式にドヴォラックですが、作曲家のドヴォルザークのいとこです。

◆ドヴォラック配列キーボード
Dvorak_2

Dvorak配列はQwerty配列よりも遙かに優れているのにも関わらず、シェアを崩せなかったことから、複雑系経済学の格好の題材になっています。これはビデオテープのβとVHSの争いとよく似ています。性能、品質の良いものが必ずしも勝ち残るわけではないという好例でしょう。

今さらQwerty配列から他のキーボードを使えと言われても嫌ですが、いつまでQwerty政権が続くのでしょうか。民主党に教えてあげたいです。happy01

フランス語やドイツ語、更にはアラビア語などのキーボード配列はどうなっているのでしょうか。世界のキーボードを調べてみるのも面白いです。

◆ドイツ語キーボード (赤字は英語キーボードと異なる文字)
なぜかYとZが入れ替わっています。ウムラウトもあります。一昨年、ミュンヘンに行った時に、確かにこのようになっているのを確認しました。
Photo_2

45年以上もキーボードを使っているにもかかわらず、私は未だにブラインドタッチができませんsad。大体のキーの位置は指が覚えているようですが・・・

2012年1月 7日 (土)

彼女をじーっと見つめていると....

写真の女性をじーっと見つめていると....

Ydfco_2 ←サムネイルをクリックして写真の女性をじーっと見つめていると...

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

↓ 
  
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

びっくりしましたか?

これはGIFアニメ(ジフアニメ)といって、「複数の静止画像」を1つの画像に重ね合わせて動画にしたものです。
始めから動きがあればなんともありませんが、静止画と思って見ていると驚きますねhappy01

GIFアニメを簡単に作成できるサイトがあります。downwardleft
ここをクリック

お試しください。

2011年12月24日 (土)

googleのクリスマス向けお遊び機能

ネットでの友人から教わったgoogleのChristmas向けお遊び機能を紹介します。

<御注意>
①Google ChromeやFirefoxでは機能しますが、IEではうまく機能しないようです。
②これらの機能はいつまで見れるのかわかりません。

(1)googleで『let it snow』と検索

Google_snow

画面上に雪が降ってきます。
しかもこの機能、けっこうこだわって作られていて、検索した後ちょっと放置すると検索画面が曇ってきます。そしてマウスで落書きもできます。

(2)Googleで『Christmas』と検索

Google_xmas

検索窓の下に、青・赤・黄・緑のラインが出現します 。
装飾ラインがとても細いので、正直あってもなくても良い程度の変化ですが、ほんのちょっとだけクリスマス気分が盛り上がります。『xmas』と入力しても、同じものが見られるようです。

(3)Googleで『Hanukkah』と検索

Google_hanukkah

検索ボックスの下に星飾りが表示されます。
Hanukkah(ハヌカー)は、クリスマスとほぼ同時期に祝われるユダヤ教の祭日で、この星飾りはハヌカーで飾られるダビデの星です。

(4)Christmasとは関係ありませんが、『do a barrel roll』と検索
  ※do a barrel roll とは、航空機が進行方向を変えずに横に1回転すること。

Google_do_a_barrel_roll

入力すると画面がぐるりんと回ります。

Googleも暇なことをやるものですねhappy01

IEを使用している方でこの機能が見たければ、ブラウザをGoogle ChromeやFirefoxに変えてしまいましょう。Google Chromは軽くて早いですよ。

フォト
無料ブログはココログ