携帯・デジカメ

2015年12月29日 (火)

プリント写真デジタル化大作戦

場所を占有する銀塩フィルム時代の懐かしの写真アルバム、邪魔ですねえ。
皆さんはどうされていますか?

Dscf6108tile
※これ以外に大昔の写真や亡母のアルバムもあります。

大事な写真だけはスキャナで読み取ってデジタル化が完了しているので、思い切って全部捨てようかと思っていますが、捨てるに忍び難く現在に至っています。

アルバムから写真を剥がして数枚まとめてスキャンするのがいいでしょうが、台紙の糊が剥がれずに写真が破けることもあり、手間もかかります。
ということで、一番労力が少ない方法、アルバム一ページ毎にデジカメで撮影することにしました。
こうすると、アルバムに記入した文字も残せます。

Dscf6109198408
※1984年8月の(妻と)鳳凰三山縦走の写真の一部です。

難しいのがライティング。蛍光灯の灯りが反射しないように、しかも綺麗に撮影するのが難しい。
なにかいい方法はありませんかね。

2014年11月28日 (金)

鷺ノ宮の福蔵院の紅葉

散歩のついでに、短い足を伸ばして鷺ノ宮の福蔵院ヘ。

 
紅葉がなかなか綺麗。
 
10402788_966178206730366_4664688763
 
8963_966178606730326_62087366548784
 
1534280_966178653396988_35711070109
 
1975150_966178343397019_91826398423
 
10423857_966178253397028_1939250341
 
これらの写真は最新のスマホ(エクスペリア Z3コンパクト)で撮影しましたが、背景をぼかせるし、色も自然で画質もなかなかのもの。
 
スマホやパソコンで見る分にはデジカメと遜色がない。
デジカメが売れなくなるわけだ。

2014年1月26日 (日)

コンデジ購入

メインで使用中のコンデジの具合が悪くなり、機種選定(Canon S120かFujiFilm XQ1か)に2ヶ月悩みましたが、ようやく決心が付きXQ1を購入。
  
決め手はフィルムメーカーならではの色合いとローパスフィルターレス(と、価格が下がってきた)。
 
1997年にコダックのデジカメを購入以来、コンデジは5代目(デジイチは2代目)になります。
 
Imgp3376

写真は左から、
2代目 2000年購入 Fuji FinePix40i 430万画素 65000円。
3代目 2006年購入 Pana DMC-FX01 600万画素 40000円。現役です。
4代目 2009年購入 Pana DMC-TZ7 1010万画素 36000円。
5代目 2014年購入 Fuji XQ1 1200万画素 31400円。
 
最近はWifiでスマホに写真を転送出来たりパノラマ写真が簡単に写せたりと機能が充実してきました。
 
スマホでもけっこういい写真は撮れますが、やはりカメラで撮らないとねえ・・・

2013年11月26日 (火)

クロス飛行機雲

八ヶ岳南麓で見かけたクロスする飛行機雲

高度差があるのでしょうが、クロスする飛行機雲はあまり見ることができません。

P1210919


   





2013年11月17日 (日)

紅葉シーズン直前の京都に行ってきました

2013年11月11日から14日まで、京都に行ってきました。
例年なら京都市内の紅葉シーズンは11月中旬からですが、
15日を過ぎると旅行代金が跳ね上がるので、上がる直前に行ってみたのです。
往復「こだま」の指定席。
京都駅八条口の新みやこホテルに3泊。


コースを簡単に紹介します。

one京都初日。不安定な天気ながら晴れ間もあり。
東京-bullettrainこだま-京都。
ホテルに荷物を預けた後→京都御所見学梨木神社盧山寺新島旧邸見学本能寺京都文化博物館(外部のみ)→六角堂restaurant某所で夕食→ホテル。19000歩。
two京都2日目。雨が降り出しそうな曇り。
ホテル→京都駅から東福寺駅→臥雲橋から紅葉しはじめたばかりの東福寺を横目で見てから京阪で出町柳→train叡電→鞍馬shoe木の根道(階段状に整備されていた)→貴船restaurant某料亭あっかんべーで昼食→貴船囗→train叡電→出町柳→下鴨神社→百万遍→restaurant京大構内でフレンチの夕食→bus206番バス→ホテル。21000歩。
three京都3日目。時々小雨。

天気が悪そうなので日程変更。洛北と祇園周辺を無計画に徘徊。
ホテル→
cafeイノダコーヒ本店で「京の朝食」→北山→shoe半木の道→上賀茂神社社家の町並restaurant某リストランテで昼食→北山→蹴上→南褝寺天授庵南褝院→東山→白川・一本橋八坂神社石塀小路restaurant某料亭bleahで夕食bus206番バス→ホテル。
市内の紅葉は始まったばかり。29000歩!

four京都4日日。最終日になって初めての終日晴天。

三尾を最終日に変更して正解。
ホテル→京都駅→
busJRバス→高雄・神護寺shoe西明寺高山寺・栂尾busJRバス→御室仁和寺restaurant寺前の手打ち蕎麦屋で昼食→train嵐電→嵐山(天龍寺、宝厳院)→JR→京都-bullettrainこだま-restaurant駅弁-東京。21000歩。
maple紅葉は一部見頃もあり、この時期としては満足な旅ができました。
camera写真はマイフォトをご覧ください。

2013年11月 8日 (金)

八ヶ岳南麓の紅葉

(2013年)11月1日~3日に八ヶ岳南麓に行ってきました。

紅葉は例年より1~2週間遅れでした。

標高1000m前後では今が盛りではないでしょうか。


P1200906


写真は マイフォト をご覧ください。

2013年1月29日 (火)

車載カメラ(ドライブレコーダー)を付けました

以前から車載カメラ(ドライブレコーダー)を付けようと思っていましたが、フロント・ウィンドウに付けるタイプは邪魔になりそうなので躊躇していました。
 
ところが、Amazonでバックミラーに被せるタイプを発見したので、価格が安いこともあって即購入。
 
※製品の宣伝ではありません
 

camera バックミラーに取り付けた車載カメラ。
 
バックミラー型車載カメラの左側に液晶モニターが見えますが、ここに写している動画が表示されます。
運転中は液晶モニターを見ることもないので、私はオフにしていますが。
 
P1170412_
 

camera 反対側(外側)から見た車載カメラ。
 
右側にレンズが見えます。角度調整可能。

P1170414_
 
どうも左ハンドル用の製品(中国製)らしく、カメラが左側にあります。

よって運転者目線ではないのが少し残念。
 

車のACC ONで自動録画開始。エンジン停止で録画を終了しデータを保存。
ひとつのデータ(ファイル)の記録時間は2~10分の間で調整可能。
手動でのOn/Offも可能。
静止画も撮影可能。音声も記録されます。
 

記録媒体はマイクロSDカード(最大32GB)。
常時記録型なのでいつ事故っても安心happy01
記録媒体が一杯になったら古いものから上書きされます。
 

ファイルタイプは一般的なAVIファイル。
車載カメラをUSBケーブルでパソコンに接続すれば、外部記録媒体として認識します。
もちろんマイクロSDカードを外しても使用できます。
 

電源はシガーライターから取ります。
既存のバックミラーに挟むだけなので設置も非常に簡単。コード(4mあり)を天井やピラーの内側に差し込んで取り回せばコードが邪魔になることもありません。
 

movie 気になる画質はこんなものです。(他人様の動画です。違うタイプのカメラです)
 よほど車に近寄らないとナンバー・プレートは読めません。



 

 もっとよい画質をお望みなら数万円は出さないと・・・

 
☆車載カメラの効果
 
・車載カメラで撮影されていることにより、運転する方も安全運転を(もっと)意識します。
・万一事故った場合の有力な証拠になります。
 映像という科学的な記録は、人間の記憶や意図によらないため、正確な情報として事故の様態や原因を明らかにすることが出来ます。
・動画を編集すれば、ドライブの記録として使えます。
・動画で他人に道順を教えることにも使えます。
 
★この製品の欠点
 
・値段相応の画質。ピントが甘い。
・マニュアルが貧弱。使って覚えましょう。
・バックミラーからはみ出すので、助手席側のサンバイザーが下まで下ろせません。
・防眩ミラーに切り替えられない。(私は使用しないので問題ありませんが)
・カーTVの受信に影響があり、フルセグがワンセグになってしまうようです。まあ、運転中はTVは見れないはずなので問題はないでしょう。
 
5千円以下で購入できたので、安い買い物だと思います。
 
自家用車をお持ちの方は、最適な車載カメラを付けることをお勧めします。
 
flair バックミラーは和製英語で、日本でしか通用しません。
アメリカ英語ではrear view mirror、イギリス英語ではdriving mirrorです。

2013年1月28日 (月)

スマホ用手袋

スマホ用手袋とは、スマートフォンなどの静電容量式のタッチパネルに反応する手袋。スマートフォンの普及に乗じた冬の人気商品になっているそうです。

素材に指と同等の静電的な導電性を持たせることで、手袋をはめたままのタッチパネル操作が可能になっています。

写真ではあまり目立ちませんが、親指、人差し指、中指の指先部分(濃緑色)に導電性の素材が施されています。

P1170409

細かい文字入力はかなり難しいですが、タッチするだけなら快適に使えます。

寒い野外でスマホを使わざる終えないときは重宝します。

2012年10月17日 (水)

蓼科バラクラ

2012年10月15日に蓼科にあるバラクラ-イングリッシュガーデンに行ってきました。
 

大きな地図で見る
 
 

10月のテーマはダリア。
 
Imgp1906_
 
大柄で派手な花ですね。
ダリアをはじめ、色々な花を見てきました。
 
写真はマイフォトをご覧ください。
 
ちなみに「バラクラ」とは「バラ色の暮らし」の省略形。
園芸家ケイ山田の命名です。
 

2012年9月 8日 (土)

面白いスマホ用無料アプリの紹介

スマホ(Android)にしてから約一ヶ月が経過しました。

はじめからインストールされているアプリは使い慣れたので、スマホのPlayストアPCサイトのGoogle Playで無料アプリを見つけては評価して、面白そうなアプリをインストールして使っています。

その中で、あまり役にはたたないが面白いアプリをいくつか紹介します。


flair アプリ : アプリケーション‐プログラム 【application program】 の略。
 特定の仕事を処理するために作られた、コンピューターのプログラム。
 日本語訳すれば "応用プログラム"、"応用ソフトウェア"。
 情報システム業界では単に"プログラム"と呼んでいました。


P1160037


① Smart measure 距離、高さ測定 

 ある物体までの距離とその高さを測定するアプリ。
 カメラのフォーカスと三角関数の原理を使っています。


 自分の位置と同一の高さにある物体しか計れないとかの制約がありますが、結構面白そうです。


② Sound meter 音量測定器

 音の大きさ(dB)を測定するアプリ。マイクを利用しています。


 フトンを叩いては大声を出すオバサンがお隣にいらっしゃるお宅なら必須でしょうhappy01


③ Vibration meter 振動測定器

 振動(揺れ)の大きさを測るアプリ。 歩数計の応用でしょう。


 地震の震度を測りたいですが、測りたい時には地震が収まっているだろうなあ・・・


④ Compus 磁石

 方角を知るコンパス。Mapがなくとも方角が分かります。ジャイロを利用しています。

 時々狂うので、信頼性はあまり・・・


⑤ Metal detector 磁気測定器

 鉄系の金属を探知するアプリ。これもジャイロを利用。

 砂浜で金属物を落とした時に活躍するでしょうsad


⑥ Whistle  笛

 大音量の音を発するアプリ。


 熊よけや痴漢よけ、また地震で閉じ込められた時に有用でしょう。
 すぐ鳴らせられるかどうか不安ですが・・・


⑦ Barometer 気圧計

 気圧が計れますが、私の機種では使えないので、パスwobbly

 海面での気圧が分かれば高度計にもなります。


⑧ Spirit Level 水準器

 傾きが測れます。 それだけですhappy01

P1160038


⑨ Silent Camera 無音カメラ

 付属のカメラはシャッター音を消すことが出来ませんが、シャッター音が出ないカメラです。
 機能的には貧弱ですが普通に撮影できます。

 小さなお子様や動物を撮る時に使うといいでしょう、と説明書きにありましたが・・・happy01


⑩ 盗み聞き

 おだやかではない名前ですが、録音アプリです。
 ウィジェットからワンタッチで録音が出来ます。
 機種によっては通話の録音も出来ますが、裁判の証拠としては使えないでしょう。sad


⑪ Google sky map  Google Mapの星空版。

 夜空の星や星座を確認できます。空の方向にスマホを向けると、その方角に見えるはずの星や星座が表示されます。


 ハワイでiPadで利用している人を見つけて、欲しいなあと思っていたアプリです。
 私の一押しアプリです。ただし、自分でスクロールして任意の星空が見れないのが玉に瑕。紹介動画では出来ているので、機種依存でしょう。


なくても困らないアプリばかりですが、これらが無料で使えます。
無料アプリのいやなところは、広告が表示されることですが、無料なのでいたし方がないですね。

iPhoneでも同じようなアプリがあると思います。
というか、Android(Google)がまねして作ったものが多いでしょう。


悪質なアプリもあるようなので、インストールには充分注意して、スマホ生活を充実させましょう。


PS.
放射線量が測定できるアプリ(というかスマホ自体にセンサーが必要ですが)はありませんでしたが、さきほどTVを見ていたら、"軟銀行"からそのようなスマホが発売されています。

フォト
無料ブログはココログ